用途に合わせた中古厨房機器を購入しよう

中古厨房機器の購入を検討しよう!製氷機の種類とその選び方をご紹介

ここでは、製氷機の種類や選び方、中古厨房機器業者を勧める理由をご紹介します。製氷機にはいくつかのタイプがあります。
アンダーカウンタータイプは、作業台などと天板の高さを合わせて使うことができるタイプです。製氷機を置くスペースを有効活用できるのが魅力です。スタックオンタイプは、製氷ユニットを何段か重ねたり、クラッシャーユニットやストッカーユニットを積むこともできるタイプです。使用量や用途に応じて製氷量、貯氷量を変更しやすいので、氷の使い道が多い飲食店で活用できます。
製氷機を選ぶポイントは製氷能力にあります。飲食店のジャンルによって少々の差はありますが、製氷機の能力を元にして判断することができます。
飲食店の席数に1.5倍を掛けると目安になります。例えば席が20席の場合、20席×1.5で30kgとなるので、1日に30kg相当の氷を作れる製氷機が必要になるでしょう。また、目安と製氷能力に差が出る場合は、製氷能力が目安の数値を上回るように選びましょう。でないと、実際に使用してから製氷機の能力が足りなかったと気付くことになります。
製氷機は中古厨房機器を扱う専門業者から購入すると、低価格かつ状態のよいものが手に入ります。特にこれから飲食店を開業する方で、初期費用にお金を掛けたくない方は参考にしてみてください。

業務用冷蔵庫の選び方とは中古厨房機器でコストを削減しよう!

ここでは、業務用冷蔵庫の選び方や中古厨房機器業者を利用するメリットなどについてご紹介します。業務用冷蔵庫は、食材の保存に欠かせない機器です。大きく2種類に分類できます。
ひとつは縦型冷蔵庫です。大きな扉がいくつかついているステンレスで出来た冷蔵庫で、高さや横幅のサイズがかなり有ります。沢山の食材を保存できるため、容量の大きさが優秀です。
そして、もうひとつがコールドテーブルです。こちらは、いわば横型の冷蔵庫と呼べる代物で、調理台と同じ高さに統一されています。収納スペースに優れているため、個人経営や小規模な飲食店で使用するのに向いています。
業務用冷蔵庫を選ぶポイントをいくつか紹介します。まず、冷蔵庫の機能や使い勝手がよいか注目しましょう。飲食店によって取り扱う食材は違います。つまり、冷蔵庫に必要な機能も業態に合わせる必要があります。冷蔵室の並びや形など、扱う食材に最適なものを選びましょう。また、省エネ性に優れているか見ておくことで、光熱費の削減に繋がります。
これらを踏まえ、自分の店に合うのはどの冷蔵庫か決めましょう。中古厨房機器は専門業者から購入することで、コストを抑えて手に入れられます。業務用冷蔵庫を中古で入手しようと考えている方は、是非、業者を利用してみましょう。

new information